藤野観光協会☆案内所ブログ

神奈川県最北端に位置する相模原市緑区、藤野エリアの情報をご案内します。自然豊かな藤野の、観光案内屋さんのブログです。

かぐや姫ごはん作り実習体験  

おじいさんが山で竹を切ったら、お姫様が出てきて、
「かぐや姫」と名づけられ最後は月へ帰って行ったという「竹取物語」。

「かぐや姫ごはん」は
竹を割ったらご飯が出てきた!というネーミング♪
すばらしい!!

DSC_0148.jpg


しかも、テレビ番組『くいしん坊!万歳スペシャル』で
ごはんもの部門で『最優秀賞』を獲得したことがあるとのこと♪
知らなかった^^;
藤野にはいろんな宝物が眠ってるんだな~

http://melma.com/backnumber_138667_3988527/より転載

@@

かぐや姫ごはん
「くいしん坊!万歳スペシャル(2008年1月2日放送)
  ~日本のごちそう大賞~」最優秀賞受賞

藤野町鎌沢地区「竹の子の里」で作られる
『かぐや姫ごはん』が、
フジテレビ『くいしん坊!万歳スペシャル』で
全国絶品9品にノミネートされ、
ごはんもの部門で見事『最優秀賞』に輝きました。
代表者の大神田龍夫さんと小山棟太郎さんが
辰巳琢郎さんからトロフィーを受け取りました。

@@

コーンリーダーの会、
「やまなみCONEミーティング」
の研修で、かぐや姫ごはんの作り方を
やさか茶屋さんで教わりながら実習体験させていただきました。

総勢20名以上が集まり、
経験知と知恵を出し合い、
火かげん、火からおろすタイミング、むらし方などの目安をつかむことができました。

過去何度か体験イベントを実施した際には、
一部こげたりおかゆ風になったものもあったそうですが、
今回は26食(くらいだったかな?)すべてほどよい炊け具合。

DSC_0167.jpg


ちょっとこげてたかな? というものもありましたが、
すべてとってもすばらしい出来上がりでした♪

もちろん、とってもおいしかった!!

ただ、それなりの手間がかかります。
まず竹を切って枝払いをしておく。
1本の竹から3~4筒くらいしかできないので、それなりの本数が必要。

切って竹筒にしていく
DSC_0050.jpg

ドリルでちいさな穴をあける
DSC_0053.jpg

木をけずってふたを作る
298-9864_IMG.jpg

水洗いする
DSC_0072.jpg

具材を用意しておく
(この日は、たけのこ、ゴボウ、にんじん、しいたけ、こんぶだし)とわらび
DSC_0069.jpg

ごはん1合、具材ちょこちょこ、だし汁を、
ペットボトルの首の部分とおはしなどを使って、
小さな穴にいれる
DSC_0079.jpg

炭に火をおこす
DSC_0081.jpg

中身が均等になるようにやさしく揺らして、火にセットする
DSC_0104.jpg

水分がたれてくる
DSC_0102.jpg

こげつかないように様子をみながら、そのまま。
たまにふたをあけて炊け具合を確認しながら、
ころ合いをみて、火からおろす。
竹の太さや厚さ、火加減などによって1本ずつ仕上がり時間が微妙に異なる。

いざ、竹割り(ドキドキ)
DSC_0164.jpg

やった^^! おいしそう~
DSC_0165.jpg

機械で割る技もあり
DSC_0132.jpg

やさか茶屋さんが用意してくださった手作りうどんとセットのお昼ご飯
けっこう量があり、しかも抜群においしかった♪
竹筒があったかいので、ごはんが冷めないのもいいみたい。
DSC_0171.jpg

少しだけこげてました
300-0014_IMG.jpg

裏返してみると、けっこう焼けてました
300-0017_IMG.jpg

9時から効率的に活動して、ちょうど12時に食べ始めることができました。
心地のいい半日^^♪
体を動かして、おいしいものを作って食べる。
参加体験型のイベント。
手間を考えると一般公開するにはすこし壁がありますが…、
たまにはお遊びで開けるといいのかなぁ。
参加者の笑顔が目に浮かびます♪

関係者のみなさま、ご指導、機会作り、どうもありがとうございました!!

小山玄
スポンサーサイト

category: 準備中の企画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujinonosato.blog.fc2.com/tb.php/25-e354a2ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

リンク

月別アーカイブ