藤野観光協会☆案内所ブログ

神奈川県最北端に位置する相模原市緑区、藤野エリアの情報をご案内します。自然豊かな藤野の、観光案内屋さんのブログです。

駅前にベンチと壁画が登場!  

 GWがスタートし、五月晴れの気持ちのよい天候にうきうき気分ですね。

私は昨日、石楯尾神社近くの石楯山の見晴らし台に行ってきました。
赤い山ツツジの満開の回廊をくぐり抜けながらの階段登山は、
あっという間に頂上でした。
途中と見晴らし台にはベンチがあり、ゆっくりと景色を眺めながらの
休憩ができます。
山は今の季節、様々な若草色が織りなし、とてもきれい。
ぜひ、足をのばして下さいね。 

そして、皆さんは昨晩、アド街ック天国(相模湖編)をご覧になりましたか?
ここで、復習できますよ↓↓↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20130427/

けっこう知らないことがあるものです。(特に相模湖方面)
また、知ってることでも、TVを通して見ると、すごく新鮮に思えたり、
誰か知っている人が出演しやしないかと、生と録画と2回も見てしまった!

今日はTV見て来ました!と声かけして下さる老若男女(園児からお年寄り)の方々。
この年齢層の幅が、週末の人気番組だと納得します。

さてさて、最新情報がこれ。先日のTVのロケの時には、
まだ姿も形も無かったものが、この立派なベンチと絵です。



このベンチは、『緑のラブレター』の作家さんの高橋政行さんの指導のもと、
シュタイナー学園の父兄が力を合わせて作ったもの。(まさにチカラ)
古民家の松材を利用し、梁の曲げを背もたれのカーブにしたりと、
年代物の歴史の重みとまさに重量を感じさせる、
立派な作品が設置されました。

さっそく、下山後に、リュックをクッション代わりにしてごろんと、
うとうと気分のお客様の姿もありました。

この古材を利用したデザインは、ふじのねの雰囲気と協調して、
癒しの空間になっています。

さて、お次は、廊下の絵です。



作家の皆さんと元観光協会の事務局長で取り付け完了!

こちらもスケールがbig!
ダイナミックさに圧倒されますが、地図のようなところは
やたら細かい処まで、お気に入りスポット等が描かれています。
こちらも作成中は、関係者で協働制作となったようです。
こういう絵のアートもあちこちに置きたいと意欲満々でした。

話は変わって、この頃、ふじのねのお店の周りに
たくさんツバメがやってきています。
店内にもよくさえずりが聞こえて、お客様方は生かCDか?と
きょろきょろされていますよ!  

スタッフ H 

スポンサーサイト

category: ★お知らせ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

リンク

月別アーカイブ